【生きる意味とは】圧倒的なニーチェ哲学の回答

スポンサードリンク

いつの時代も自己啓発本が書店で並んでいます。リーダーシップやマネジメント、モチベーションなど多岐に渡ります。
ただ、それらの本の主題には、「いまこの人生をどう生きるか」というテーマが隠れています。
この「どう生と向き合うか」に関して文字通り死を徹して向き合ったのが、ご存じニーチェでした。
彼の思想は100年の年月を経ても色褪せることなく、私の本質を貫いてきます。
またそれは、辛く過酷ですが、とても純粋で本来的な思想だと感じています。

さて本記事では、ニーチェの人柄・来歴から、彼がどういう社会情勢の中で、「生と向き合う=闘う」
哲学を立ち上げたのかを要点を押さえて説明します。

ニーチェの来歴

●1844~1900年のドイツの哲学者

当時のドイツは、宰相ビスマルクの下、普仏戦争などを経て、ヨーロッパの強国へと成し上がった時代でした。

★「真理」「善悪」「どう生きるか」という当時のヨーロッパの社会通念の前提条件を痛烈に否定

彼の思想の神髄です。当時(現代も)、ヨーロッパの思想はキリスト教をもとにしたものでした。
誰も疑わなかったその「清貧を良しとする価値観」や「禁欲主義」に疑問を抱き、自身の思想を作り上げます。

●スイスバーゼル大学教授。病状が悪化し、35歳で辞任。45歳で精神病入院

若くして教授に抜擢されるものの、その後体調を崩します。

●精神病発病と同時期に著作や思想が評価されるが、妹の勝手な判断でナチズムに悪用される

精力的に思想活動を行っていた時には評価されなかった不遇の人でした。これは画家ピカソも同様ですね。
またネガティブなイメージは、このナチズムの部分にもあるかもしれません。

 

ニーチェの生きた、19世紀のヨーロッパの経済状況

前世紀のイギリスから始まった産業革命を背景に、ヨーロッパ全土に資本主義の波が襲いました。

また旧来の価値観の根幹を担ってきた「キリスト教」が、文化の多様化や、他の思想に触れる書籍の発達により、その地位が揺さぶられつつありました。

その中で、ニーチェは
「儲けるため、自分の欲を満たすために、人を裏切ることが当たり前に行われている人間社会」を目の当たりにします。

・企業は若者に門戸を閉ざし、功労者を追い立てる
・企業は表示を偽り、人々を欺く
・司法の番人が罪を作り、教育者(聖職者)は欲におぼれ、親は子を後回しにする
・新聞は誤りだらけで、政治家は約束を破る
→そして誰も恥じない社会

彼は、この社会の原因を「ニヒリズム(諦め)」「ルサンチマン(妬み)」という二つの概念に集約しました。

これをもとに彼は思想を重ねていきます。そこで4つのテーマを見いただします。

1.客観的な事実など存在しない。あるのは一人ひとりの解釈だけ。
2.世の中に善悪など存在しない
3.人間はまだ進化の過程である
4.「力への意志」に身を委ねることが最も生を充実させる

このそれぞれに沿って、深掘りします。

 

1、客観的な事実など存在しない。人は「遠近法」でものをみている

スポンサーリンク