【全ジャンル】読んでほしい本

年間100冊程度読む私の、人生のなかのおすすめの本。

今は20冊くらいピックアップ。★がすごくおすすめ。

■ビジネス書

★楠木建「ストーリーとしての競争戦略」

事例は少し古いですが、成功しているビジネスモデルを「ストーリー」というキーワードを通して分析されています。

・グレッグ・マキューン「エッセンシャル思考」

・藤田晋「渋谷ではたらく社長の告白」

…サイバーエージェントの創業話。続編に「起業家」も。

★神田昌典「成功者の告白」

・・・小説で学べるビジネス書

★内田和成「仮説思考」

 

★安宅和人「イシューからはじめよ」

 

★鳥原隆志「いまから君が社長をしなさい」

…経営思考のトレーニング本

■新書・経済学・心理学・哲学

・高橋昌一郎「知性の限界」

…哲学とか論理学とかを議論形式で書いてある

・小塩隆士「効率と公平を問う」

…厚生経済学の基礎。今の日本の社会問題を語る上で役立ちます

★小泉閑示「『普通がいい』という病」

…精神科医が書いた精神医学・心理学書。ある種哲学

・松尾豊「人工知能は人間を超えるか」

…人工知能の入門本に一番おすすめ

・架神恭介・辰巳一世「よいこの君主論」

マキャベリの君主論が楽しく学べます

・架神恭介・辰巳一世「完全教祖マニュアル」

宗教の作り方が楽しく学べます

・外山滋比古「思考の整理学」

■小説・エッセイ

★伊坂幸太郎「魔王」「モダンタイムス」

★村上春樹の短編集「神のこどもたちは皆踊る」「パン屋再襲撃」

割と敬遠されやすい村上春樹への入門本として。個人的には短編のが面白い作品が多いと思ってます。

★村上春樹「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」

・村上龍「半島を出よ」「愛と幻想のファシズム」

・中村文則「去年の冬、君と別れ」

★又吉直樹「夜を乗り越える」・・・芸人だからといって敬遠してると損します

・有川浩「ストーリーセラー」

★筒井康隆「旅のラゴス」

・奥田英朗「サウスバウンド」

 

ぜひお時間がある際にご一読を。