GAFAの市場別戦争の図解と、これからの広告市場について

スポンサードリンク

四つ巴の状態になっている、GAFAの市場を図解しました。

記載は売上/利益が大きい業界/モノに絞っています。こうみるとGoogleは多方面から仕掛けられていてつらいですね。

GAFA

 

広告市場の今後

  • Appleはブランド
  • Amazonは大規模なインフラ
  • Googleは検索エンジン
  • Facebookは大量の個人情報(全世界浸透率が高い)

でそれぞれ強みをもっていますが、Google/Facebookは広告収益の一本足打法なので、そこを崩されると一気に傾きます。

 

Facebookはアプリ内でユーザー情報のログ管理・紐づけをすべて完結できるのでITPの影響は少ないのですが、Googleはもろに影響をうけます。

先日Google本社に訪問してきたのですが、ITP/GDPR問題に対してやはり危機感を抱いていました。

そこで、Googleとしては、SDC(Smart Display Campaign)などの従来のCookieに頼らないターゲティングへの注力を始めています。

 

ユーザーの可処分時間が費やされる場所が、広告の市場となります。

今後、ユーザーが時間を使う場所が移り変われば、また新たなプレイヤーが現れます。

最近のアドタイの記事(これから広告・メディアはどうすればいいのか — ZOZO 田端氏×博報堂ケトル 嶋氏 対談)では

IoTに絡めて、車や家電が広告化していくのではないか、と語られていますが、果たして。

 

おわり

スポンサーリンク