【GoogleAdwords】商標権を含む広告文を申請する方法

Google側へ一度でも、あるワードで商標権に伴う申請をしたことがあると、

そのワードは、基本的に許可されたアカウントでしか、広告文内に使用できなくなります。

したがって

・新たなアカウントでそのワードを含む広告文を使用したい

・広告代理店に権利を付与したい

といった場合に、特殊な手続きが必要となります。

その手続きの進め方を解説していきます。

■まずトラブルシューティング

Google AdWords の商標に関するトラブルシューティング

にて、

●広告主

●商標権所有者

それぞれの立場から、その後の手続きの方法を確認することができます。

少し分かりにくいので、下記にまとめます。

■広告代理店や、新しいアカウントへ商標使用許諾を出したい

トラブルシューティングを押し進めていくと、下記のフォームが現れます。

商標使用許諾リクエスト

(トラブルシューティングからだと、一部英語のフォームも出てきます。。)

①『はい』を選択します

syouhyou1

②情報を入力します。

こちらは過去にGoogleAdwordsへ商標権の申請を行った際に、登録した情報を入力して下さい。

shouhyou2

③使用を許諾する、広告代理店や、新しいアカウントの情報を入力します。

shouhyou3

●商標の使用を許諾する広告主

⇒広告主名(正式名称)で入力して下さい。

●お客様 ID/ログイン用メール アドレス

⇒その広告主の Google AdWords のお客様 ID か、アカウントの連絡先メール アドレスを入力して下さい。

ここでいうお客様IDとは、いわゆるマネージャーIDではなく、アカウント単位で付与されるアカウントIDを指します。

●右のチェックボックスにチェックを入れると、使用許諾をしたアカウントが存在するMCC配下すべてのアカウントで使用できるようになります。

④最後に陳述内容に関するボックスにチェックを入れ、送信を押します。

■フォーム送信後の審査

Googleの商標権を取り扱う部署が海外の部署らしく、

対応にしばらく時間が掛かります。

3~5営業日程度みておくと良いと思います。

またこのフォームで一度商標権を付与しても

商標権所有者は、ads-trademarks@google.com にメールで連絡することで、

いつでも使用許諾を撤回することができます。

■商標権の所有者がわからない

大企業でありがちなのが、

誰がAdwordsに関する商標権の管理をしているのか分からない

という状況です。

Adwordsへ商標権許諾の申請を行うには、

商標権申請の申し立てを行った際の連絡先(メールアドレス)が必要となります。

Googleの商標チームへの連絡を行う必要があります。

下記メールアドレスへ、問い合わせを行ってください。

ads-trademarks@google.com

(英語が推奨ですが、日本語スタッフもいるようで、日本語でも大丈夫です)

これでも分からなかった場合は

通常は、登録商標の所有者の本社在籍の方からの申請を受け付けることが可能です。

もしAdwordsの管理者と連絡がつかないなどの場合は

商標権所有者の本社から直接連絡をするという手段が有効です。

以上、Googleリスティング広告にて商標権を含む広告文を申請する方法でした。

※これらの情報は、2016年10月時点の情報です。

Googleの対応如何によりフローが変わる可能性がある旨ご了承ください。

スポンサーリンク
336 x 280 ? レクタングル(大)
336 x 280 ? レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする