【事例付】記号(!や括弧など)の使い方まとめ

!と括弧の、この記号使えるの、Yahoo!だっけGoogleだっけYDNだっけ?

と忘れるようになってしまったので、

個人的によく使うポイントをまとめていきます。

■前提

Yahoo!・Googleともに、拡大テキスト広告(拡張テキスト広告)へ完全移行し、

新規入稿できる広告文は、全角で15-15-40文字となっています。

【文字数】タイトル①:30文字 タイトル②:30文字 説明文:80文字
【カウント方法】全角:2文字 半角:1文字

 

YDNのみテキスト広告の長さが違う為、別枠で作成する必要があり、苦労します。

テキスト広告
【文字数】タイトル:30文字 説明文①:38文字 説明文:38文字
【カウント方法】全角及び半角カナ:2文字 半角英数記号:1文字

 

本題

!(感嘆符)について

まず忘れやすいのが

Googleでは、タイトルに「!」が使えない & 説明文には「!」が複数使えない件。

×

 

ちなみにYahoo!だと

「同じ種別の記号はタイトル・説明文内で2つまで使用可能」です。

つまり「!」を例にとると、以下の使い方もできます。

ただ、!を広告文全体で3つ以上使用するのはNGとなっています。

 

 

?(疑問符)について

Google、Yahoo!、YDNの全媒体において、?(疑問符)は使用可能です。

※Googleは1つまで(が安全です)。Yahoo!では複数回の使用が不可となっています。

 

その為、私が良く使う手法として『ユーザーに問いかけるタイトル』があります。

 

例えば、比較の軸が強い、格安simの販売であれば

『一番安いsimはどれ?』といった問いかけは有効な手法に成りえます。

 

 

括弧について

テキストの要素の意味の区切りを付けたり、一要素を強調する際によく使用します。

 

ただ、括弧のうち、Google・Yahoo!・YDNの全媒体において使用できるのは

()のみとなっています。

 

ただ()だと見た目の印象が弱く、

『PC(パソコン)』 のような補助説明の文脈でも多く使われることから

一要素を強調する際にはちょっと使いにくかったりします。

 

私がよく使用するやり方を、

ファッションセンターしまむらを例に「公式」を強調したい広告文を説明します。

 

・Googleでは、【】<>全角〈〉半角、《》をよく使います。

【公式】服を買うならしまむら

・Yahoo!では、これらの括弧が使用できないため、で代用します。

公式/服を買うならしまむら

・YDNでは<>全角《》 /を使用します。

<公式>服を買うならしまむら

 

3種類違うのは面倒なので

・Google⇒ 【】  ,Yahoo!とYDN⇒ / のパターン

・GoogleとYDN⇒ <>  ,Yahoo!⇒ / のパターン

を特に使います。

 

※記号の使用の詳細は下記ヘルプを確認ください。

Yahoo!・YDN

https://help.marketing.yahoo.co.jp/ja/?p=1669

Google

https://support.google.com/adwordspolicy/answer/6021546